わきが対策

ホーム ≫ わきがかどうかチェックしよう

わきがかどうかチェックしよう

わきが体質かどうかチェックする方法について

わきがは脇の下から放たれる嫌な臭いで周囲の人を不快にさせる症状で、病気ではなく体質の一種と考えられています。

この体質かどうかチェックする方法は幾つかあり、病院を受診しなくても自宅で確かめられるのです。

そこで、下記ではわきが体質かどうか判断するために、どのような方法でセルフチェックを行えば良いのかご説明しているので一度確認しておきましょう。

耳垢の状態を確かめてみよう

わきがのセルフチェックの方法で最もオーソドックスなのが耳垢の状態の確認です。

普通の体質の人⇒耳垢が乾いているケースが多い
わきが体質の人⇒柔らかくて湿っているケースが多い

このように判断でき、乾燥したコナ耳タイプよりも湿ったアメ耳タイプの人は、わきが体質の可能性が高くなります。

これは耳の中にもアポクリン汗腺が発達しているからで、「耳垢が湿っている」⇒「アポクリン汗腺が多い」⇒「脇の下にも多い」⇒「臭い物質が生成されやすい」と考えられるのです。

アポクリン汗腺はデリケートゾーンにも多く、わきが体質の人は陰部から不快な臭いが放たれるすそわきがで悩まされることも多いのです。

他人の臭いには敏感に反応しても、普段から嗅いでいる自分の臭いには鈍感になりやすいので、わきが体質かどうか判断する場合は耳垢の状態を綿棒で確かめてみましょう。

仮にわきが体質だったとしても、手の施しようがないわけではなくデオドラントクリームの使用によって臭いを抑えることができます。

当サイトでは雑菌の繁殖や汗の量を抑え、尚且つ効果の持続時間が長いクリームのNOANDE(ノアンデ)をご紹介しているので、症状の緩和のために一度使ってみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

ティッシュやサランラップを使おう

わきが体質かどうかチェックするために、ティッシュやサランラップを使用するのも効果的な方法の一つです。

やり方は非常に簡単で、ティッシュやガーゼ、サランラップなどを脇の下に挟み、数十分程度放置した後にそのニオイを嗅いでみましょう。

納豆やネギが腐ったようなツーンとした臭いを放っている人はわきが体質の可能性が高く、知らず知らずの間に他人へと迷惑をかけているかもしれないので何かしらの対策を練った方が良いかもしれません。

病気ではないのでわきがは直ぐに病院で治療や手術を受けなければならないわけではないものの、臭いのケアはエチケットの一つなのでクリームやスプレーなどできる限りの対策は毎日の生活で行うべきです。

洋服や肌着の脇の下をチェックしよう

白い洋服や肌着を着用し、脇の下をチェックして黄ばみが生じている人はわきが体質の可能性が高まります。

アポクリン汗腺から分泌される汗の中にはタンパク質や脂質、アンモニアや糖質といった成分が含まれており、その影響で黄色く濁っているのが特徴です。

つまり、「洋服や肌着の脇の下の部分に黄ばみがある」⇒「アポクリン汗腺が発達している」⇒「わきが体質」と考えられます。

デオドラントスプレーで衣類が黄ばむことがありますし、汗をかきやすい人は黄ばみが生じやすいので一概には説明できません。

それでも、脇の下だけではなくデリケートゾーンもアポクリン汗腺が発達しやすく、肌着以外にも下着に黄ばみが生じている場合はわきが体質だと判断できます。

上記以外の方法でチェックしてみよう

上記以外でわきがかどうかセルフチェックする方法をご紹介しているので、どのくらい当てはまるのか確かめてみましょう。

・パートナーに陰部が臭いと指摘された
・両親ともにわきが体質で悩んでいる
・脇の下のムダ毛が濃くて多い
・ストレスの溜まる生活を送っている
・油っこい食べ物を食べることが多い
・運動不足に陥っている
・ビッショリと濡れるくらい汗の量が多い
・わき毛を伸ばしていると白い粉が付着する
・お酒とタバコが大好き
・仕事が忙しくて疲れている

「○個にチェックが付けばわきが体質」と一概に決め付けることはできないものの、当てはまる数が多ければ多いほど不快な臭いが発生しやすくなります。

わきが体質の人が不規則な生活を送っていると、余計に臭いが酷くなりやすいので毎日の生活習慣にも気を配らなければなりません。

もちろん、食生活を見直したり運動不足を解消したりしても臭いが直ぐに緩和されるわけではないので、上記でご紹介したデオドラント剤のNOANDE(ノアンデ)を取り入れてみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

メニュー