わきが対策

ホーム ≫ 雑菌が原因のわきが

雑菌が原因のわきが

雑菌が原因のわきがについて

わきがの臭いの根本的な原因なのは皮膚に棲み付いている雑菌で、体臭も同じような原理となっています。

私たちは体温調節のために汗をかき、その汗を栄養として雑菌が繁殖するとアンモニアや脂肪酸といった臭い物質が生成され、わきがの大きな原因となるのです。

もちろん、皮膚常在菌は決して無駄な存在ではなく、下記のような働きを担っています。

・カビや花粉などの外部の刺激から肌を守っている
・皮脂腺から余分に分泌された皮脂を食べて適度なバランスで保っている
・皮脂を脂肪酸とグリセリンに分解させて悪玉菌の繁殖を防いでいる

肌のバリア機能の最前線として重要な働きをしてくれるのは事実ですが、あまりにも繁殖しすぎていると肌にとって良い影響は引き起こされません。

わきがと深く関わっている雑菌として代表的なのがコリネバクテリウム属の細菌で、アポクリン汗腺から分泌された汗を分解して臭い物質を作ります。

完全に雑菌がゼロの状態を作るのは難しいとしても、無駄な繁殖を予防さえできればわきがの症状は改善されるので当サイトでご紹介しているデオドラント剤のNOANDE(ノアンデ)がおすすめです。

雑菌が原因でわきがの症状が悪化している人に適しており、NOANDE(ノアンデ)には下記のような成分が含まれています。

柿タンニン:抗菌効果に加えて肌を保護する作用がある
ヨクイニン:雑菌の殺菌作用と中和作用がある
シメン-5-オール:雑菌の増殖を抑えて適度な状態を保つ

この成分に加えて、汗を抑えたり整えたりするフェノールスルホン酸亜鉛も含まれていて、わきがの臭いをシャットアウトしてくれるのです。

男性からも女性からも愛されているデオドラント剤なので、臭いの緩和のためにNOANDE(ノアンデ)を毎日の生活の中に取り入れてみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

さて、肌の雑菌の繁殖を食い止めるために、お風呂にコップ1杯の酢を入浴剤の代わりとして入れる方法は非常に適しています。

酢の中にはクエン酸が含まれており、皮膚が繁殖しにくい弱酸性に保ってくれるのでわきがの対策に繋がるのです。

いくら細菌の活動を抑えなければならないと言っても、アルコールやエタノールを肌へと直接塗布するような方法では大きなダメージが加わります。

「肌が赤くなる」「肌がかぶれる」「肌が乾燥する」という別のトラブルが引き起こされやすくなるので、美肌を保ちながらわきがの対策を行うためにはお酢を湯船の中に入れるような安全な方法を試みるべきです。

また、デオドラント剤を使用してわきがの臭いを抑えるにしても、軽度の症状の方は強い殺菌効果のある製品は使わない方が良いでしょう。

わきがの臭いの原因となるのはコリネバクテリウム属の細菌だけではなくジフテロイド菌もその一つで、この繁殖によってツーンとした臭いの発生に繋がりやすくなります。

しかし、軽度の症状ならばジフテロイド菌はほとんどいませんし、無理に殺菌効果の高いデオドラント剤を使っていると肌に必要なブドウ球菌も死滅させてトラブルの弱い状態になるので十分に注意してください。

メニュー