わきが対策

ホーム ≫ 運動不足が原因のわきが

運動不足が原因のわきが

運動不足が原因のわきがについて

運動不足はわきがの症状を悪化させる原因の一つなので、「デスクワークがメインなので身体を動かさない」「歩く機会が少ない」という人は注意が必要です。

もちろん、運動不足だからといってわきが体質へと変化するわけではありませんし、アポクリン汗腺が多いかどうかが大きく関わっているので直接的な原因にはなりません。

それでも、運動不足の日々が続いていると下記のような理由でわきがの臭いが強くなります。

・身体を動かしていないと血液の中のミネラル成分が多くなって臭いやすくなる
・ドロドロとしたアンモニアなどを含む悪い汗の量が増える
・汗腺機能が衰えて粘り気のある汗をかきやすくなる
・皮脂腺に脂肪分が溜まることで酸っぱいような体臭が出やすくなる

もし、毎日の生活の中できちんと運動をしていると、汗の元となる血漿(けっしょう)の成分が再吸収されてサラサラの良い汗をかけるようになります。

成分が水に近いからこそサラサラとしており、臭い物質の含まれている量が少ないのでわきがの臭いを抑えられるのです。

それに加えて、アルカリ成分の重炭酸イオンが少ないので皮膚を弱酸性に保てますし、皮膚の表面に棲み付いている雑菌の繁殖を防ぐことができます。

運動で汗をかいてもお風呂で流していれば体臭の原因に繋がることはなく、むしろわきがの臭いを抑える生活習慣として非常に大事なのです。

交通機関の発達やパソコンの普及によって私たちは毎日の生活で身体を動かす機会が圧倒的に少なくなり、運動不足に陥る現代人は増えました。

その影響でわきがの臭いを強めていても決して不思議ではないので、下記のように酸素を十分に取り込みながら身体に負担をかけずに行える有酸素運動をしてみましょう。

ウォーキング:ただ歩くだけではなく背筋を伸ばして腕を大きく振ると消費カロリーが増える
ジョギング:脂肪の燃焼に効果的な方法でダイエットにも繋げられる
サイクリング:歩いたり走ったりするよりも自転車に乗ることで楽しく続けられる
スイミング:クロールや平泳ぎなど自分が泳ぎやすい方法で良い
バランスボール:自宅でインナーマッスルを鍛えられる方法でお腹や脚痩せにも効果的
ストレッチ:新陳代謝をアップさせて血行促進の効果も同時に得られる

このような有酸素運動ならば身体に大きな負担は加わらず、今まで運動不足に陥っていた方でも難なくチャレンジできます。

しかし、短距離走や筋力トレーニングといった無酸素運動はあまり効果的ではなく、疲労物質の乳酸が増えてわきがの症状の悪化に繋がりやすいので注意しなければなりません。

1日や2日に渡って運動をしてもいきなり汗の質が変わってわきがの予防に繋がるわけではありませんし、長い期間に渡って継続してこそ効果が出るので無理をするのは良くないのです。

また、有酸素運動を行う際も短時間ではエネルギーの燃焼が行われにくいので、どんなに短くても20分間以上は続けてみましょう。

運動不足を解消して身体の内側から体質を変化させ、当サイトでご紹介しているわきが対策クリームのNOANDE(ノアンデ)でスキンケアを行っていれば症状を和らげることができます。

わきが対策としてデオドラント剤の使用は欠かせないので、どの商品を使おうか迷っている方はNOANDE(ノアンデ)を購入してみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

メニュー