わきが対策

ホーム ≫ 最新わきが治療「ビューホット」による対策

最新わきが治療「ビューホット」による対策

切らずにキレイに治せるのが魅力

わきがを根本的に治すには、医療機関での治療が一番の近道です。わきが治療というと「脇を切るので傷が残るのでは?」と不安に感じるかもしれませんが、治療法も進化し、切らずに治すことが可能になりました。

最新のわきが治療では「ビューホット(View-HOT)」という治療機が用いられています。この治療機は日本で開発されており、日本人に適した治療法として有名です。皮膚を切ることなく治療できるので、施術後も傷が残らないのが大きなメリットと言えます。

治療では、脇の下の皮膚に高周波を照射し、熱のエネルギーでわきがの原因である汗腺を死滅させます。そうすることで、独特の臭いを解消することができるのです。熱傷の心配もなく、1~2回程度の施術で完了し、ほとんど再発もありません。

1回の施術にかかる時間は、約15分~20分。治療中は、局所麻酔をするため、強い痛みを感じることはありません。また、ダウンタイムもほぼなく、治療後すぐに普通の生活ができます(当日から全身シャワー浴可能)。通院の必要もありません。

従来のわきが治療と言うと、医師が汗腺を肉眼でチェックしながら、1つ1つ丁寧に取り除いていく「コンプリート法」が主流でしたが、傷跡が残ってしまったり、術後に脇部分を固定しなくてはいけなかったり、負担の大きなものでした。マイナス面が大きいため、治療を諦めていた人も多かったと思われます。

多汗症にも効果的

ビューホットの魅力は、わきがだけでなく多汗症にも効果的という点にもあります。

脇には、普通の汗のもとであるエクリン腺と、わきがのもとであるアポクリン腺がありますが、ビューホットは、表面に近い位置にあるエクリン腺をしっかり照射し、さらに深い位置にあるアポクリン腺まで深度を深めながら照射していきます。そのため、多汗症の治療にも効果を発揮するのです。

治療は医療機関へ

ビューホットの登場によって、わきが治療は大きく進化ました。治療時に肌への負担が軽く、術後も普段と変わりない生活を送ることができるので、従来の治療法に不安を感じていた人も治療へのハードルが低くなっていることと思います。

ビューホットによる、わきがや・多汗症の治療を受けるには、美容外科などのクリニックに通院する必要があります。クリニックのホームページ等でビューホットの治療を行っているか確認し、まずはカウンセリングの予約をしましょう。

カウンセリングでは医師が症状を診断し、治療法について説明を行います。気になる点や不安があればこの時に質問し、施術にのぞむようにしてください。

わきがや多汗症はデリケートな悩みであり、女性であれば治療後の仕上がりの美しさも気になるものです。治療を行う場合は、信頼できるクリニックを選びたいですね。

大阪・心斎橋にあるツツイ美容外科では、ビューホットによるわきが・多汗症の治療を行っています。これまでに多くの方が同院にて治療を受け、実績も豊富です。

ホームページでは、ビューホットの症例も紹介されているので、ぜひチェックされてみてください。
ツツイ美容外科のホームページはこちら
http://www.tsutsui-biyo.com/operation/viewhot/