わきが対策

ホーム ≫ 高齢者のわきがの対策

高齢者のわきがの対策

高齢者のわきがの対策について

わきがは思春期を越えた年齢で発症する可能性が高く、この点に関しては成人も高齢者も一緒です。

社会の清潔志向が進み、「臭う=不潔」というイメージがあるので自分のわきが臭や加齢臭を気にする高齢者は少なくありません。

そこで、わきがの臭いを緩和するためにどのような対策を練れば良いのか下記ではご説明しているので、一度目を通しておきましょう。

デオドラントクリームを使おう

高齢者のわきがの対策として最も簡単なのはデオドラントクリームの使用で、肌に塗布するだけで雑菌の繁殖を抑えられます。

高齢者の場合は新陳代謝が悪化して汗をかきにくくなっているので、制汗成分よりも雑菌の繁殖を抑えたり消臭したりできる成分が配合されているかどうかで選ぶのが良いかもしれません。

また、20代や30代の若者とは違ってわきが臭だけではなく、年齢を重ねると皮脂が酸化してノネナールと呼ばれる物質が生成されて臭いの原因となる加齢臭でも悩まされやすくなります。

わきが臭と加齢臭が合わさって酷い臭いへと変化しているケースも多いので、当サイトでご紹介している薬用ネオテクトを使ってみましょう。

プロ仕様の速攻殺菌で臭いを撃退できるクリームとなっており、「わきが臭」「加齢臭」「汗臭」に効き目があります。

若者から高齢者まで幅広い年齢の人から愛されているので、薬用ネオテクトを使って対策してみてください。

>>薬用ネオテクトの詳しい情報はこちらから!<<

薬用石鹸や柿渋石鹸で身体を清潔に保とう

高齢者の場合はわきがに加えてノネナールによって引き起こされる加齢臭でも悩まされやすいため、若者と比べて肌を清潔に保つことに焦点を当てなければなりません。

特に、男性はホルモンの影響で皮脂の分泌量が多いので、薬用石鹸や柿渋石鹸を使って肌を清潔な状態で保つケアが必要となります。

・肌の殺菌消毒を目的としたデオドラントソープ
・ノネナールが発生しにくくなる柿渋石鹸
・脂肪酸カリウムが原料の液体石鹸

自分の肌質に合うような石鹸を使用し、脇の下やデリケートゾーンなどを清潔に保てるように心掛けていれば臭いの発生を抑えられるのです。

基本的にわきがの手術は高齢者でも問題はなく、現在では皮膚を切らずに治療を受けられるようになりました。

デトックス注射や電磁波を流すミラドライといったわきが治療が主流で、美容皮膚科や美容クリニックといった場所で実施されています。

しかし、高齢者はアポクリン汗腺が縮小していて自分が思っているよりも臭いが少なく、毎日の生活の見直しだけでも十分に対策できるので、「手術だけが解決策」と決め込まないでください。