わきが対策

ホーム ≫ 思春期のわきがの対策

思春期のわきがの対策

思春期にわきがの臭いは酷くなるの?

わきが体質かどうかは遺伝によって決まるという特徴があり、臭いの症状は思春期から少しずつ強くなります。

「中学生の娘のわきがを何とかしてあげたい」「子供のわきがの臭いを改善する方法が知りたい」という親御さんは少なくありません。

・好きな人に嫌われたくない
・友達に気付かれたくない
・体操着の脇の部分が黄ばんでいる

思春期の当人も上記のような悩みを抱えるケースは多く、見た目や周りを気にする年頃なのでわきがをどうにかしたいと考えるのは当然のことです。

個人差があるので一概には説明できないものの、生まれつき体臭が酷いという子供はおらず、これはアポクリン汗腺が活発に活動していないのが大きな理由となっています。

わきがの臭いと深く関わっているのがアポクリン汗腺で、ここから分泌されるアンモニア成分などを含んだ汗を雑菌が分解することで不快な臭いが発生しやすいと他のページで説明しました。

このアポクリン汗腺はフェロモンとして臭いを出すための器官だと考えられており、思春期になって身体が大人へと変化するに従って発達していくのです。

そのため、小学生の時は特にわきがの前兆がなくても、中学生や高校生になって臭いがキツくなるケースは少なくありません。

体臭が強くなったからといって必ずしもわきが体質だとは言い切れないものの、「制服の脇の下の部分が黄ばむ」「体操服が黒くカビのようになる」という人はわきがの可能性が高くなります。

思春期のわきがに適した対策について

思春期のわきがに必ずしも限った話ではないものの、病院で治療を受けなければならないというわけではありません。

現在では年齢や性別に関係なく使用できるデオドラントクリームが多く、毎日の生活の中で取り入れることで簡単に臭いの対策ができます。

それに、体臭が強くなったからといって100%わきが体質と決め付けることはできず、成長ホルモンの影響で一時的にアポクリン汗腺が発達しているだけの可能性もあるのです。

皮脂の分泌量が思春期になって増えておでこや鼻といった部位にニキビが形成されるのと同じように、わきがの臭いも成長期特有の症状だと言えるのではないでしょうか。

そのため、病院を受診して無理に治療を受ける必要はなく、デオドラントクリームを使ってマスキング効果を得るだけでも十分です。

当サイトではわきが対策に適したクリームのNOANDE(ノアンデ)をご紹介しており、無添加処方なのでデリケートな思春期の肌にもトラブルなく使用できます。

雑菌を殺菌したり汗を抑えたりという有効成分がバランス良く含まれているので、NOANDE(ノアンデ)を使って臭いの緩和を図ってみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

思春期のわきがは病院で手術を受けるべきなの?

「自分のわきが体質を子供が受け継いで悩んでいるから病院で手術を受けさせた方が良いのではないか?」という疑問を抱えている親御さんはいます。

思春期からわきがの臭いは悪化しやすく、アポクリン汗腺が多いという体質を親から受け継いでいると小学校高学年から中学生にかけて発症するのです。

しかし、上記でもご説明したように通販のクリームを使って十分に対策できますし、無理に医療機関で手術を受ければ良いというわけではありません。

・成長段階なので麻酔の使用量が限られるので行えるわきが手術の範囲が狭い
・思春期の段階ではわき毛があまり生えていないのでアポクリン汗腺の位置を特定しにくい
・思春期を過ぎてからアポクリン汗腺の量が増える可能性があるので再発のリスクがある
・メスで皮膚を切り取る手術は傷跡といった後遺症が残るリスクがある

このようなリスクやデメリットがあるので、思春期の段階でわきがの手術を受けるのは勧められていないのです。

本人が嫌がっているのにも関わらず、無理に子供を病院へと連れて行くと大きな心の傷を負うかもしれないので親御さんは十分に注意してください。