わきが対策

ホーム ≫ 妊娠中や授乳中のわきがの対策

妊娠中や授乳中のわきがの対策

妊娠中のわきがの原因と対策について

わきが体質は生活習慣の中で引き起こされることはなく、基本的には遺伝が原因だと考えられています。

そのため、乱れた食生活を送っているからといって急にわきが体質になることはありませんし、生まれた時に直接的な原因となるアポクリン汗腺の量は決まっているのです。

しかし、妊娠中にわきがや体臭が酷くなったと感じている女性は多く、下記のような原因が考えられます。

・女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れて汗や皮脂が出やすくなっている
・子宮の圧迫によって便秘がちになり、腸内に有毒ガスが発生して汗や皮脂と一緒に体外へと排出されている
・ホルモンバランスの変化によって乳腺が発達してアポクリン汗腺が刺激されやすい
・つわりで周りの臭いに敏感になって自分の体臭が酷くなったと感じやすい

妊娠中にわきがの臭いが酷くなりやすい最も大きな原因はホルモンバランスの変化で、赤ちゃんを育てていくために必要なので仕方ありません。

その影響で普段よりも基礎体温が上がって新陳代謝が良くなり、アポクリン汗腺が刺激されて汗をかきやすくなるからこそ普段よりも臭いがキツくなります。

アポクリン汗腺からはベトベトとした汗が出やすく、タンパク質やアンモニアといった成分を含んでいるので雑菌が分解した際にツーンとした臭いを発するのです。

身体の自然な変化なので神経質になる必要はないものの、ストレスが溜まるようならば妊娠中にも同じようにわきがの対策を行った方が良いでしょう。

ただし、妊娠中の女性はお腹の赤ちゃんのことを一番に考えなければならないので、下記のようなわきがの治療は避けるべきです。

・汗が出る時の伝達物質であるアセチルコリンを抑制する内服薬の抗コリン剤の服用
・自律神経をコントロールして多汗体質を変化させる内服薬のプロバンサイン
・一時的に汗の量を抑えられるポツリヌス菌を注入するボトックス注射
・電磁波エネルギーやマイクロ波などを肌へと照射するミラドライを代表とする治療

医薬品の服用やレーザーの照射は赤ちゃんに悪影響が及ぶ可能性があるため、妊娠中のわきが対策として適していない理由はお分かり頂けるかもしれません。

専門医から積極的に推奨されることはありませんし、一時的に臭いが出やすい体質になっているだけで出産を終えて元に戻る可能性は十分にあります。

そこで、身体や肌に大きな負担を加えずにわきがを対策するために、妊娠中の女性は当サイトでご紹介しているクリームのNOANDE(ノアンデ)がおすすめです。

念のためにかかりつけの医師に相談したりパッチテストを行ったりした方が良いかもしれませんが、天然成分や植物成分で作られている安全性の高いデオドラントクリームなので、臭いをマスキングするためにNOANDE(ノアンデ)を試してみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

授乳中のわきがの原因と対策について

妊娠中と同じように、産後の授乳中の女性もわきがの臭いが強くなると考えられています。

産後のわきがは通常よりも臭いがキツくなりやすく、その原因について見ていきましょう。

・出産によるホルモンバランスの変化で汗を出すアポクリン汗腺が刺激されている
・授乳中は多汗症気味になるケースが多く、わきが体質の女性は元々の臭いと汗の臭いが混ざり合う
・産後は身体の変化によって免疫力が低下しやすく、皮膚常在菌が繁殖しやすくなっている

産後の授乳中もホルモンバランスが大きく関わっており、出産という大きなイベントが終わったばかりの女性の身体は非常にデリケートです。

その状態から回復するまでにはそれなりの時間がかかるため、普段よりも臭いへの対策が必要となるかもしれません。

また、産後の女性は乳のわきが(チチガ)で悩まされやすく、脇の下と同じように乳輪の周りにもアポクリン汗腺が発達しているので雑菌が繁殖しやすくなっています。

身体へと特に大きな悪影響はありませんが、ブラジャーが黄ばんだり臭いが強くなったりという症状で悩む女性は多く、デオドラントクリームを使って対策を練るのは選択肢の一つです。

上記でご紹介したわきが対策クリームのNOANDE(ノアンデ)は、乾燥肌や敏感肌の人のことを考えて作られたので脇の下以外にも乳輪などに使用できます。

デリケートな部分に使用できる優良なクリームとして人気なので、産後の女性もNOANDE(ノアンデ)を一度使ってみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

メニュー