わきが対策

ホーム ≫ 海外のわきが解消クリーム

海外のわきが解消クリーム

海外のわきが解消クリームはどうなの?

日本人を含むアジア人がわきがで悩まされる確率は10%程度と低いものの、白人では50%~60%、黒人は90%程度と非常に高いことをご存じですか?

そのため、日本と比べて海外のデオドラント剤は効力が高くて種類も多く、クリームやジェルを使っている外国人は多いのです。

海外ではわきがは普通の体臭でフェロモンの一種とも考えられていて、全ての人が解消クリームやジェルといったデオドラント剤を使っているわけではないのです。

それでも、エチケットの一つとして海外の人にとってデオドラント剤は必要不可欠な存在。手術ではなくクリームで臭いをマスキングしています。

海外の化粧品や医薬品を取り扱っている個人輸入代行業者を調べてみると、下記のような製品が販売されていました。

ストレスプロテクト:ロールオンタイプの制汗剤で汗の臭いをスッキリとさせる
シルバープロテクト:肌へと塗布した後に白く残らない強力な制汗剤
リビングローズ:天然の抗菌成分によって汗の臭いを抑える
エナジースパイス:汗の臭いをカットして肌のべた付きを抑える
サーテンDRIロールオン:アメリカで人気が高く効果が72時間に渡って持続する
スピードスティック:脇の下に塗布するだけで長時間に渡って持続する無香料タイプのデオドラント商品

海外ではこのような製品が人気みたいですね。わきがの嫌な臭いを抑えたり汗によるベタつきを改善したりしてくれます。

個人輸入で海外の化粧品や医薬品を取り寄せること自体は違法ではありませんので、気になる方は信頼のおける代行業者を利用して購入してみるのもいいかもしれませんね。

ただ、海外のデオドラント剤は強力な作用を持ったものが多くて、「体臭のキツイ欧米人が使っている製品が良い」と決め付けるのはちょっと危険です。

確かに、日本のドラッグストアで取り扱っているようなクリームと比べると、効き目があるかもしれませんが、その分肌に刺激的な成分が含まれていることもあります。

海外製のデオドラントクリームは香料を使っていることも多く、元々発しているわきがの臭いと混ざり合って余計に酷くなるケースも結構多いのです。

日本では許可されていない添加物が入っている可能性もあるので、やっぱり日本の通販で取り扱っている物の方が安心ですよね。そこでおすすめなのがNOANDE(ノアンデ)です。

NOANDE(ノアンデ)は日本人の肌質に合うように作られていますし、無添加・無香料のデオドラントクリームなのですごく評判がいいんです。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

メニュー