わきが対策

ホーム ≫ アポクリン汗腺が原因のわきが

アポクリン汗腺が原因のわきが

アポクリン汗腺が原因のわきがについて

生活習慣が乱れていたり肌の汚れを落としていなかったりと、わきがの症状を悪化させる原因は一つというわけではありません。

しかし、わきがの臭いの原因はアポクリン汗腺から分泌される汗で、脇の下だけではなく外耳道や陰部といった場所にも存在しています。

元々は性的アピールとしてフェロモンを出すのがアポクリン汗腺の目的で、メスがオスを魅きつけるために必要でした。

アポクリン汗腺自体は誰にでも存在しますし皮膚の裏側に栗粒のような形で並んでいますが、わきが体質の人はその量が多く、分泌される汗を雑菌が分解することで臭いの元に繋がるのです。

私たちの皮膚の奥にある汗腺は以下の3種類に大きく分けられます。

アポクリン汗腺⇒粘り気のある白っぽい色の汗が分泌され、タンパク質やアンモニアといった成分を含む
エクリン汗腺⇒全身に存在して体温調節が主な役割で、分泌される汗の99%が水分で構成されている
皮脂腺⇒毛根と直接繋がっていて数種類の脂肪酸を分泌して皮膚表面のPH値をコントロールしている

エクリン汗腺から分泌される汗のほとんどが水分なので臭いはないものの、アポクリン汗腺から分泌される汗には独特の成分が含まれているのでわきがの原因に繋がるのです。

そこで、以下ではアポクリン汗腺から分泌された汗で、どのようにわきがの臭いに繋がるのかそのメカニズムを見ていきましょう。

①脇の下や陰部などアポクリン汗腺から汗が分泌される

②皮膚に棲み付いている常在菌が脂肪分やタンパク質を分解する

③腐敗臭が発生して皮脂腺から分泌される脂肪も同時に加わる

④余計に臭いが強くなって身体を洗っても取ることができない

アポクリン汗腺の汗自体に原因が潜んでいるわけではなく、分泌された汗を雑菌が分解するのが直接的な理由と言っても過言ではありません。

わきが体質の人は普通の人と比べてアポクリン汗腺の量が多く、脇の下だけではなく陰部や乳首の周囲といった場所の不快な臭いでも悩まされやすいという特徴があります。

このような説明を受けると、「自分はわきが体質でアポクリン汗腺の量が多いからどうしようもできない」と考えるのではないでしょうか。

しかし、この汗腺から汗が分泌され続けるわけではなく、一度汗が出ると内部が崩壊して24時間は出ません。

それに、対策クリームの使用によって脇の下の雑菌の繁殖を抑えれば臭いを緩和できるので、当サイトでご紹介しているNOANDE(ノアンデ)をおすすめします。

デオドラント剤の常識を覆す新技術によって肌を清潔に保ちながら臭いをブロックできるので、消臭作用のあるクリームをお探しの方はNOANDE(ノアンデ)を試してみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の公式サイトはこちら<<

わきが対策のためにアポクリン汗腺の刺激を抑えよう

わきが体質の人でも、アポクリン汗腺を刺激しないような対策を練ることで臭いを抑えることは十分にできます。

以下では、どのような原因でアポクリン汗腺が刺激されやすいのかご説明しているので一度チェックしておきましょう。

・バターやチーズなど動物性タンパク質を過剰に摂取している
・精神的なストレスを感じてアドレナリンが出て汗腺が刺激されている
・メタボ気味で皮下脂肪が多く体内の熱が放出されにくい状態が続いている

このような理由でアポクリン汗腺が刺激され、アンモニアといった成分を含む汗の分泌量が増えるので、わきがと日常生活には大きな関わりがあります。

つまり、動物性タンパク質に偏った食生活ではなく野菜類や魚類などバランスの良い食生活を送っていたり、肥満体質を変えるために運動したりと健康的な生活を送ることが大事なのです。

デオドラント剤やスプレーで臭いを抑えることはできますが、わきが体質を根本的に変えられるわけではないので規則正しい生活を送れるように努力しましょう。

アポクリン汗腺を除去してわきがを治療できるの?

わきがの治療として最も効果的な方法は手術によるアポクリン汗腺の除去で、汗腺自体がなくなれば汗が分泌されなくなります。

汗の量が少なければ雑菌が分解したことによる臭い物質も生成されにくくなるため、臭いの軽減に繋がるというメカニズムです。

もちろん、手術で全身のアポクリン汗腺を取り除くわけではなく脇の下限定ですし、健康面への悪影響は特にありません。

現在では美容皮膚科や美容クリニックで、下記のような手術が実施されています。

剪除法(せんじょほう):脇の下をメスで切開してアポクリン汗腺を目で確認しながら除去する
皮下組織吸引法:脂肪吸引のような形で細い管(カニューレ)を使って汗腺を除去していく
超音波吸引法:皮膚へと超音波を発生させてアポクリン汗腺を破壊しながら吸引していく

保険が適用される手術と適用されない手術に分けられ、かかる費用には大きな違いがあります。

しかし、どの手術に関しても傷跡などの後遺症のリスクがありますし、軽度のわきがの症状ならば無理に医療機関で治療を受けなくても良いのです。

高額な費用を支払って治療を受けたのにも効果が感じられず、再手術をすることになった人もいるので臭いの軽減としてクリームのNOANDE(ノアンデ)をおすすめします。

肌を傷付けるような手術とは異なり、脇の下に塗布して安全に臭いの原因をブロックするクリームなので一度NOANDE(ノアンデ)を使ってみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから<<

メニュー