わきが対策

ホーム ≫ わきがを解消するクリームは薬局で市販されている?

わきがを解消するクリームは薬局で市販されている?

わきがを解消するクリームは薬局で市販されているの?

わきがを解消するクリームは薬局でも市販されています。夏が近づくと、薬局でも目立つところに配置されていることが多いですよね。最近では女性用の製品も数多く登場しました。

「わきがや体臭で悩むのは男性だけ」というイメージがあるかもしれませんが、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの変化で臭いの症状は悪化しやすくなります。

元々わきが体質という女性は意外と多いですし、デリケートな悩みだからこそデオドラントクリームの種類も増えているのです。

薬局で市販されているわきが解消クリームには、下記のような特徴があります。

・1,000円~2,000円と比較的安価なので買いやすい
・スプレーやジェルなどクリーム以外にも様々な製品が用意されている
・2時間~4時間とクリームの効果の持続時間が短い
・肌へと塗布した後のクリームの乾きが遅いので使いにくい
・肌へと刺激が加わる制汗成分の塩化アルミニウムが含まれていることが多い

市販品はコストパフォーマンスが良いのが大きなメリットですが、わきがに特化しているわけではなく一般向けに作られています。

そのため、通販の製品とは違って効き目が薄く持続時間も短いのが残念なところ。重度のわきがの症状で悩む方にとっては効果がなかったという口コミも良く目にします。

みんなのワキガ体験談を見てみる>>>

もちろん薬局の市販品全てが悪いというわけではありません。

臭いの予防効果が薄くて直ぐに塗り直さなければならない」という面倒くささがあるし、仕事で何度も塗りなおせないという方もいますよね。

「何度も塗りなおせない!」という方には、NOANDE(ノアンデ)という商品を一度見てみてください。

持続力がバツグンなので、朝のケアだけで1日中持ちますよ。

汗にも強いので、夏場の営業周りで汗だくになって、「デオドラントクリームが汗で流れてしまった!どうしよう!」という心配はいりません。夏は絶対汗かいてしまうし、わきがの方にとっても臭いがきつくなりますので、汗に強いという点は、かなりの嬉しいですよね。

ただ唯一のデメリットが、価格重視ではないので薬局で取り扱っているわきが解消クリームと比べると、少々高めに設定されている、という点。

でもわきがの原因菌99%(今では100%と公式ホームページではいっています)殺菌してくれるので、その効果を考えると個人的には良心的な価格だと思います。

>>原因菌100%殺菌!? NOANDE(ノアンデ)の公式ホームページを見てみる<<

薬局ではクリームではなく漢方薬を買ってわきがを対策しよう

薬局で取り扱っているクリームは効き目が弱く、わきがの臭いの改善に繋がらないかもしれないので漢方薬を購入してみてはいかがでしょうか。

漢方薬を服用して体質改善を図り、わきがの臭いを抑えるのも適した対策の一つとなっています。

特別配合するものでなければドラッグストアでは様々な種類の漢方薬が置かれているので、個人の体質に合わせて漢方を服用してみてください。

防已黄蓍湯(ぼういおうぎとう):運動不足で多汗症を患っている人におすすめ
白虎湯加減(びゃっことうかげん):黄連や甘草がブレンドされていてわきが対策として処方されることも多い
加味逍遥散(かみしょうようさん):のぼせやホットフラッシュで発汗量が増える方におすすめ
桂枝加黄耆湯(けいしかおおぎとう):異常な多汗やめまいの症状に効き目がある

通販のクリームで外側からわきがの臭いのケアを行い、漢方薬を服用して身体の内側から汗をかきやすい体質を変える。
実に効果的です。

ただ、穏やかな作用が期待できても漢方薬は医薬品の一種ですし、副作用のリスクはあるので専門医や薬局の薬剤師へと相談してみてくださいね。

メニュー