わきが対策

ホーム ≫ わきがの予防

わきがの予防

わきがの臭いを予防する方法について

このページでは、わきがの臭いを予防する方法についてご紹介しています。

わきが体質を変えたいのならば、美容皮膚科や美容クリニックを受診して専用の治療や手術を受けなければなりません。

医療の発達によって以前よりも遥かに安全性は高くなりましたし、塗り薬や飲み薬などの投薬治療に加えてメスを使う剪除法や電磁波で汗腺を破壊するミラドライなど選択肢は増えました。

しかし、後遺症のリスクがあったり高額な費用がかかったりと様々なデメリットがあるので、病院の力を借りる前に自宅でわきがの症状の予防を図ってみましょう。

デオドラントクリームを使おう

最も簡単に行えるわきがの予防がデオドラントクリームの使用で、スプレーやロールオンで肌へと塗布する形となります。

デオドラントクリームの中には臭いの原因となる雑菌の繁殖を防いだり、汗の量を抑えたりという成分がバランス良く配合されているのです。

・不快な臭いを封じ込める
・汗を減らして衣類に付着するのを防ぐ
・殺菌作用で雑菌の繁殖を防ぐ

このような効果がデオドラントクリームでは期待でき、わきがの臭いの予防として適しているのはお分かり頂けるはずです。

もちろん、肌を清潔な状態で保つためにお風呂で念入りに洗ったり、小まめに脇の下を拭き取ったりという予防も必要となります。

汗を清潔なタオルやウェットティッシュで拭き取るならばまだしも、外出先でシャワーを浴びることは難しいので臭いのケアにはデオドラントクリームが役立つのです。

当サイトでは殺菌率が非常に高く、透臭ケアとして適したNOANDE(ノアンデ)をご紹介しています。

わきが臭が発生するメカニズムに焦点を当てて作られた無添加処方のクリームなので、わきがで悩んでいる方はNOANDE(ノアンデ)を毎日の生活の中に取り入れてみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

毎日の食生活に気を配ろう

わきがや体臭の不快な臭いを予防するために、毎日の食生活に気を配るのは非常に大事です。

欧米人と比べて日本人はわきが体質の人や体臭が強い人が少ないと言われていました。

しかし、近年ではこれらの症状で悩む日本人が著しく増えており、食生活の欧米化によって肉類や乳製品といった食品を食べる機会が増えたのが大きな理由です。

動物性タンパク質や脂質ばかり摂取している日々が続いていると、わきがの原因となるアポクリン汗腺の働きが強くなります。

動物性タンパク質⇒内臓の健康を保ったり免疫力を高めたりする
脂質⇒細胞の機能を発揮させたりエネルギー源となったりする

どちらも人間が生きていくに当たって欠かせない栄養素ですが、食べ過ぎによって発酵されて腐敗臭を発するようになるので予防のためにも野菜類や魚類、果物類などを食べましょう。

昔ながらの和食の中には高い抗酸化作用で活性酸素を除去するビタミン類が多いので、わきがの予防のために偏った食生活を見直してみてください。

お風呂の入り方を見直そう

わきがや体臭の予防としてお風呂の入り方を見直すのは重要で、臭いのケアに繋げることができます。

現代人は仕事やプライベートで忙しく、サっとお風呂に入って時間を短縮しているケースは多いかもしれません。

しかし、間違ったお風呂の入り方でわきがの臭いが強まりやすいので、下記のような点を意識してみましょう。

・脇の下やデリケートゾーンを洗う時は殺菌効果の高い薬用石鹸や柿渋石鹸を使用する
・シャワーだけで済ませるのではなく半身浴で汗をかいて新陳代謝を促す
・しっかりと汗をかくためにお風呂に入る前に水分補給をしておく
・血行を促す重曹、消臭作用のあるミョウバン、強力な殺菌効果のあるお酢を湯船に入れて浸かる

汗をかくとわきがの臭いが悪化しやすいのではないかと考えるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

体内の老廃物や毒素が溜まっている状態ではわきが臭や口臭、体臭が強くなって強烈な臭いを発しやすくなるため、デトックス効果を得られる入浴が予防として大事なのです。

アロマの香りの入浴剤を入れたり、重曹やミョウバンを代わりに使用したりするのも効果的なので、毎日のお風呂の入り方を見直してみましょう。

着用している衣類を見直してみよう

わきがによる臭いが生まれるのは身体の内側ではなく、衣類の脇の下に付着した汗という特徴があります。

普通に生活していれば肌着や衣服を着用しているはずですし、汗が付着して雑菌が繁殖しやすい高温多湿の状況が出来上がり、衣類の方が臭くなりやすいのです。

そこで、わきがの臭いを予防するために着用している衣類を見直してみましょう。

・可能ならば汗をかきやすい季節は小まめに着替える
・汗をかいたら衣類に付着しないようにウェットティッシュで拭き取る
・汗を素早く吸収して通気性に優れている天然素材のインナーを着用する
・衣類の内側に汗脇パットを貼り付けて汗を吸着させる

汗の量はストレスによる汗腺類の発達でも増えるので、衣類の見直しと同時にリラックスやリフレッシュを心掛けてわきがの臭いを予防してみてください。

メニュー