わきが対策

ホーム ≫ わきがの対策に適した成分

わきがの対策に適した成分

わきがの対策に適した成分について

わきがの対策のためにスプレーやクリームといったデオドラント剤を使用するに当たり、臭いに効き目があったり汗を抑えたりする成分が含まれていなければ意味がありません。

わきがの症状が軽い人から重い人まで、わきが対策に適した成分としてどのような種類があるのか理解するのは大事です。

そこで、以下ではどのような成分が含まれていれば良いのかご説明しているので、デオドラント剤の選び方の参考にしてみてください。

柿タンニン:消臭効果や殺菌作用を持っていてわきが臭や加齢臭など効果は幅広い
ヨクイニン:殺菌作用で肌の常在菌の繁殖を防ぎながら皮脂を清潔な状態で保つ
イソプロピルメチルフェノール:人の皮膚に存在する黄色ブドウ球菌といった雑菌を殺菌する
塩化ベンザルコニウム:強い殺菌力でわきがの臭いの原因となるジフテロイド菌を抑える
緑茶エキス:抗菌作用や抗酸化作用を持った茶カテキンで臭い物質を分解してくれる
サリチル酸ナトリウム:臭い菌の繁殖をブロックする作用があり、わきが対策の薬にも含まれている
銀イオン:バクテリアを殺菌して繁殖を防ぐ作用があり、掃除用具の中にも含まれている

このような成分がわきが対策に効くことで有名で、バランス良く含まれたデオドラント剤を使っていれば臭いの軽減に繋がるのは間違いありません。

しかし、塩化ベンザルコニウムのように強い殺菌力を持ち合わせている代わりに、悪臭を抑える善玉菌も殺してしまう恐れのある成分もあります。

わきがの症状が軽い人や敏感肌の人にとっては大きな刺激となるため、自分の肌質に合った製品を選ぶことが大事なのです。

そこで、安全にわきがの対策を行いたいと考えている人には、乾燥肌や敏感肌への優しさを追求して作られたデオドラントクリームのNOANDE(ノアンデ)をおすすめします。

上記でご紹介した成分を豊富に含んでおり、アレルギーの原因となるような添加物を排除した無添加処方となっているので一度NOANDE(ノアンデ)を試してみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

さて、わきが対策としてデオドラント剤を使用するに当たり、雑菌の殺菌成分だけではなく汗を抑える成分が配合されているかどうかも大事です。

汗は体温調節の役割があるので無駄な存在ではありませんが、必要以上にアポクリン汗腺から分泌されていれば雑菌の繁殖が促されて臭いは悪化していきます。

以下では、汗の量をコントロールできる成分を幾つかご紹介しているので、これらがバランス良く含まれたクリームやスプレーを使ってみましょう。

パラフェノールスルホン酸亜鉛:わきがの直接的な原因となるアポクリン汗腺を抑える
アルミニウム:血管や毛穴を収縮させる収斂作用によって汗の量を抑える
ミョウバン:アンモニアに対する消臭効果に加えて制汗効果も同時に得られる
クロルヒドロキシルアルミニウム:市販の制汗剤にも使われている汗止め効果を持った成分

上記でご紹介したNOANDE(ノアンデ)は殺菌力を持った成分だけではなく、汗を抑えるパラフェノールスルホン酸亜鉛も同時に配合しています。

特別トライアル定期コースならば通常価格8,600円のところ、送料無料の4,960円という価格で購入できるのでNOANDE(ノアンデ)の公式サイトで詳細を確認してみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の公式サイトはこちら<<