わきが対策

ホーム ≫ ビタミンによるわきがの対策

ビタミンによるわきがの対策

ビタミンを摂取してわきがを対策しよう

わきがの臭いを対策するに当たり、食事やサプリメントからビタミンを摂取するのが良いと考えられています。

わきがの対策と聞くと、お風呂で脇の下を丁寧に洗って清潔な状態を保ったり、デオドラント剤を塗布して臭いを抑えたりというケアをイメージする方が多いはずです。

このような外側からのケアは欠かせないものの、内側から臭いを抑えるような対策もわきがには大事で、症状の緩和に繋がる栄養素がビタミンとなっています。

そこで、ビタミンの種類によってどのような効果が得られるのか下記ではご説明しているので、一度チェックしておきましょう。

ビタミンA:皮膚の新陳代謝を促して抵抗力を高めながら雑菌の繁殖を抑える
ビタミンB2:タンパク質の合成を助けて健康的な肌作りをサポートしてくれる
ビタミンC:抗酸化作用によって臭いの原因となる過酸化脂質の発生を抑える
ビタミンE:臭いをきつくする不純物やコレステロールを取り除いて血液がサラサラの状態を維持できる

ビタミンを毎日の食生活で積極的に摂取したからといって、わきがの臭いが直接的に和らいでいくわけではありません。

しかし、上記のようにわきがと深く関わる栄養素なのは間違いなく、内側から臭いを発生させないような対策を行えば他の人と変わらない生活を送れるはずです。

これらのビタミン類は下記のような食べ物の中に含まれているので、意識的に食べるようにしましょう。

ビタミンA:ニンジン、ほうれん草、マンゴー、春菊、卵黄
ビタミンB2:玄米、雑穀、レバー、納豆、キャビア、たらこ
ビタミンC:レモン、グレープフルーツ、ピーマン、ブロッコリー、パセリ
ビタミンE:カボチャ、胚芽油、胡麻、モノヘイヤ、うなぎ

基本的に緑黄色野菜や果物類の中には豊富なビタミンが含まれており、肉類ばかりに偏る食生活を避けていれば著しく不足することはありません。

私たちは食生活の欧米化により、以前と比べて魚や穀物を中心とする和食から動物性タンパク質や脂質を取り入れる食事へと変化しました。

脂肪分の過剰摂取によってアポクリン汗腺や皮脂腺から分泌される汗の量が増え、わきがの臭いが酷くなりやすいからこそ脂っこい食べ物はできる限り控えた方が良いのです。

野菜や果物などバランスを心掛けていればビタミンを補給し、わきがの臭いで悩まされにくい体質を維持できるのではないでしょうか。

もちろん、外側から臭いを抑える対策も同時に行うのが効果的なので、デオドラントクリームをお探しの方は当サイトでご紹介しているNOANDE(ノアンデ)を使ってみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の公式サイトはこちら<<