わきが対策

ホーム ≫ 重曹によるわきがの対策

重曹によるわきがの対策

重曹を使ったわきがの対策について

重曹とはベーキングソーダと呼ばれる炭酸水素ナトリウムのことを指し、ふくらし粉や掃除アイテムとして使われています。

ドラッグストアやスーパーでは安価で重曹が購入でき、実はわきがの対策グッズとしても非常に適しているのです。

なぜわきがの対策で重曹が役立つのか、下記では簡単にまとめているので確認してみましょう。

・弱アルカリ性で酸性の臭い物質を中和する消臭効果を持っている
・殺菌作用によって皮膚に棲み付いている常在菌の繁殖を食い止められる
・水に溶かすことで水酸化物イオンが発生し、わきが体質によって付着した衣類の黄ばみを落とせる
・高い研磨作用によって脇の下に生じた黒ずみを綺麗に落とせる

消臭作用や殺菌作用など重曹には驚くべきパワーがあり、わきがや足の臭いといった症状の緩和に繋がります。

インターネットの口コミでも高い評判を得ていますし、「手術に頼らずにわきがの対策がしたい」という方におすすめなのは間違いありません。

以下では、どのような方法で重曹を使ってわきがを対策すれば良いのかご紹介しているので、実際試して臭いのケアを行ってみてください。

重曹のスプレーでわきがを対策しよう

重曹でわきがの対策を行うに当たり、重曹水を作ってスプレーとして肌に吹きかけるのが最も簡単な方法となっています。

アルコール消毒やミョウバンでのケアと同じように自宅で試せますし、天然のミネラルとして人々の間で使われてきた物質なので肌トラブルのリスクも少ないはずです。

重曹水の詳しい作り方を下記ではご紹介しているので、一度試してみましょう。

①肌への影響を考えて薬用グレードか食用グレードの重曹をドラッグストアで購入する
②スプレー容器を100円均一で購入して100mlの精製水や水道水を入れる
③小さじ1杯の重曹を中に溶かしてお好きなアロマオイルで香りをつける
④出来上がった重曹水を脇の下へとスプレーして使用する

抗菌作用のあるラベンダーやティートゥリーといったエッセンシャルオイルを加えると、皮膚の細菌の繁殖を食い止められるので重曹スプレーの効果は高くなります。

腐敗防止のために作ったスプレーは早めに使い切らなければならないものの、簡単にわきがの対策へと繋げられることがお分かり頂けるはずです。

しかし、重曹の消臭作用の持続時間はそこまで長くありませんし、強い臭いのわきがで悩んでいる方にはあまり変化がないかもしれません。

外出中に何度み人の目を気にしてスプレーするのは大変なので、高い透臭力で安定したキープ力がウリのNOANDE(ノアンデ)を使ってわきがを対策してみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

重曹の入浴剤でわきがを対策しよう

脇の下へと直接スプレーするだけではなく、重曹を入浴剤の代わりとして使用するのもわきがの対策として適しています。

「普段と同じように浴槽の中にお湯を溜める」⇒「重曹を大さじ2杯~3杯程度入れる」⇒「好きなアロマオイルを加える」という非常に簡単な方法です。

この湯船に浸かることでわきが臭や体臭の原因となるアルカリ性物質を中和し、臭いのない身体へと導いてくれます。

しかも、10分間程度に渡って入るだけで皮脂汚れや余分な角質を落とし、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促してニキビや吹き出物などを未然に予防する効果もあるのです。

強い研磨作用があるのでナイロンタオルに重曹を加えて身体をゴシゴシと洗うのは危険ですが、わきがだけではなく脇の黒ずみで悩んでいる女性は試してみてはいかがでしょうか。

重曹をシャンプーに入れて頭皮の臭いを和らげよう

わきがの対策とは直接的に関係性はないものの、シャンプーの中に重曹を混ぜ合わせて洗うのも選択肢の一つとなっています。

嫌な臭いを放つのはわきがだけではなく頭皮も一緒で、汚れが詰まっていたり雑菌が繁殖していたりという状態を放置するのは危険です。

頭皮環境の悪化で抜け毛や薄毛といった症状にも繋がりやすいため、弱アルカリ性の力で脂分を吸着して毛穴に詰まった汚れを落とせる重曹をお風呂で使用します。

普段からお使いのシャンプー剤に少量の重曹を混ぜ合わせるだけですし、頭皮の臭いや痒みなど様々な症状の克服に繋がるので試してみてください。