わきが対策

ホーム ≫ 遺伝が原因のわきが

遺伝が原因のわきが

わきがの原因は遺伝なの?確率はどのくらい?

「肌を不潔な状態で保っていることが原因でわきがになる」「肌の乾燥が原因でわきがになる」と様々な意見が飛び交っていますが、最も大きく関係しているのは遺伝です。

わきがは遺伝以外では起こりにくいと考えられており、強い遺伝子を持った優性遺伝なので親から子や孫へと体質が受け継がれやすくなっています。

父親か母親のどちらかがわきがの場合⇒50%でその体質が子供に遺伝する
両親の両方がわきがの場合は⇒80%でその体質が子供に遺伝する

上記のような確率でわきがは親から子へと遺伝し、両親の両方が悩まされていれば子供も将来的にわきがで苦しみやすいのです。

優性遺伝はわきが体質だけではなく、髪質や色、二重まぶたなど様々な情報が親から受け継がれ、優秀な遺伝子というわけではありません。

少々難しい話になりますが、一組の遺伝子を「A」と「a」であらわす際の組み合わせは、「AA」「Aa」「aa」となります。

「Aa」という組み合わせになったケースでは「a」よりも「A」の特性の方が引き継がれやすく、「A=わきが体質」ならばその情報が子供へと受け継がれる確率が高くなるのです。

AA⇒わきが体質になる
Aa⇒半分の確率でわきが体質になる
aa⇒わきが体質にはならない

このようなメカニズムが優性遺伝で、両親が共にわきが体質だった場合に子供へと受け継がれやすい理由はお分かり頂けるのではないでしょうか。

もちろん、両親がわきが体質ではないのに子供が悩まされるというケースもありますし、全てが遺伝によって決まるわけではありません。

それに、遺伝だからといって対処しようがないわけではなく、通販で取り扱っている対策クリームを使うことで症状の緩和を図れます。

当サイトでは、わきがで悩む方のためにデオドラントクリームのNOANDE(ノアンデ)をご紹介しており、汗に負けない圧倒的な持続効果が大きな特徴です。

安定したキープ力で臭いの元を封じ込めてくれるので、「わきがの臭いを何とかしたい」「自宅で簡単にケアできる方法を探している」という方はNOANDE(ノアンデ)を使ってみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

わきがの遺伝と血液型には関係性があるの?

わきが体質が遺伝するに当たって、「血液型と関係性はあるの?」という疑問を抱えている方は少なくありません。

日本では血液型占いが以前から流行っており、「A型は神経質」「O型は大雑把」「B型は好き嫌いが激しい」「AB型は二重人格」と大まかな性格の目安があります。

血液型と性格に一切の関係性がないと言い切ることはできませんが、少なくともわきが体質とは何も関わりがないのは事実です。

「○型の人はわきがで悩まされやすい」というデータは特になく、他の要素で決まるケースが多くなっています。

そもそも、ABO式血液型遺伝子は9番染色体でわきがに関する遺伝子は16番染色体なので、両者の関係は特に認められないのです。

仮にわきが体質でも、日常生活に気を配ることで症状の緩和を図ることができるので、「遺伝で親から引き継いだからどうしようもない」と諦めないでください。