わきが対策

ホーム ≫ オロナインによるわきがの対策

オロナインによるわきがの対策

わきがの対策にオロナインは効果的なの?

わきがの対策としてオロナインが効果的だと言われており、意外だと感じた方は多いかもしれません。

大塚製薬が製造・販売している皮膚疾患外傷治療剤がオロナインで、消毒効果のあるグルコン酸クロルヘキシジン液や乳化剤のポリソルベート80といった成分が含まれています。

軽い火傷やしもやけ、あかぎれや皮膚炎といった症状に効果を発揮するのが有名ですが、強い殺菌力があるのでわきがの対策としても用いることができるのです。

オロナインに含まれている主成分のグルコン酸クロルヘキシジン液が殺菌効果を発揮し、アポクリン汗腺から分泌された汗を分解する皮膚常在菌の繁殖を防いでくれます。

①適量のオロナインを脇の下の皮膚へと塗布する
②皮膚常在菌の繁殖を食い止められる
③アポクリン汗腺から汗が分泌されても雑菌が分解できない
④臭い物質が生成されにくくなるのでわきがの症状が緩和する

上記のようなメカニズムでわきがや体臭の対策に繋がりますし、ドラッグストアなどで気軽に購入できるからこそ使っている方が多いのではないでしょうか。

クリームなので保湿効果があって肌荒れの改善効果が得られるのもメリットの一つで、乾燥肌や敏感肌の人でも難なく使用できます。

添加物の多いスプレータイプの制汗剤の使用でわきがの臭いが酷くなるケースも多く、応急処置的な意味でも肌へと塗るものがなければオロナインで代用できるのです。

ただし、オロナインの本来の目的は傷の修復ですし、脇の下に分泌される汗を抑えたり臭いを直接的に和らげたりという成分は含まれていません。

「雑菌の殺菌作用が高い」というだけでわきが対策に効果的だと考えられているだけで、劇的な変化を得られないのは事実です。

効果が曖昧なものを使うよりもわきが対策用のクリームを使った方が確実なので、当サイトでご紹介しているNOANDE(ノアンデ)をおすすめします。

効果の持続性があって無香料・無添加という安心のデオドラント剤だからこそ、通販で取り扱っている製品の中でも人気を得ているのではないでしょうか。

朝に塗布しても夜まで臭いを抑えてくれるので、オロナインではなくNOANDE(ノアンデ)を使ってみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

オロナインの使用でわきがの症状は悪化するの?

わきがの対策のためにオロナインを使用し、臭いの症状が悪化することはありません。

「塗った直後からベタベタとした感じで気持ちが悪い」「汗をかくと脇の下に違和感がある」という口コミはありましたが、臭いの症状が酷くなることはないはずです。

それでも、オロナインを使ったわきがの対策には下記のようなデメリットがあります。

・オロナインの公式サイトには消臭作用があると記載されていないので効果が薄い
・殺菌力の持続時間が短いので重度のわきがの人は直ぐに臭いが強まってしまう
・アポクリン汗腺から分泌される汗の量を抑える成分は含まれていない
・油分が肌着や衣服に付着することでシミの原因に繋がる
・わきがの臭いとオロナインの独特の臭いが混ざり合って余計に酷くなる

症状の悪化には繋がらなくてもこのようなデメリットがあり、通販で取り扱っている専用のデオドラントクリームとは大きく異なるのです。

500gのオロナインで2,500円程度と非常に安く、しかも長持ちするところがメリットかもしれません。

しかし、オロナインだけでわきがの予防や改善に繋げるのは少々難しいので、消臭効果をしっかりと得たいと考えているのならば臭いを抑えることを目的に作られたNOANDE(ノアンデ)を使用してください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

メニュー