わきが対策

ホーム ≫ 食べ物や食事によるわきがの対策

食べ物や食事によるわきがの対策

食べ物や食事でわきがを対策しよう

わきがの対策と聞くと、デオドラントクリームを塗ったり制汗剤スプレーを吹きかけたりという方法を頭でイメージする方が多いかもしれません。

しかし、わきがの臭いは食生活とも深く関わっており、食べ物や食事で対策することも十分にできます。

そこで、以下ではどのような食べ物を食べれば良いのかご紹介しているので、毎日の食事内容にも気を配ってみてください。

アルカリ性食品を食べよう

緑黄色野菜や果物、海藻類やキノコ類などのアルカリ性食品はわきがや体臭の対策として適しています。

これらの食べ物の中には脂質臭を抑えるアスパラギン酸が含まれており、アンモニア臭の元となる乳酸を分解してくれるのです。

他にも、皮膚の新陳代謝を促して常在菌の繁殖を食い止めるビタミンAや、高い抗酸化作用によって臭いの元となる過酸化脂質を防ぐビタミンCが含まれています。

アルカリ性食品を食べるには日本の昔ながらの和食を心掛けるのが最適で、肉類ばかり摂取する食事内容を改善していれば身体の内側から臭いを抑えられるのではないでしょうか。

下記では、具体的にどのような食べ物が良いのか幾つか挙げてみました。

梅干し:強い抗菌力を持っており体臭予防に効果的なクエン酸も含まれている
メカブ:中性脂肪値を抑えるエイコサペンタエン酸やデトックス作用のある食物繊維が多い
ピーマン:ビタミンCやビタミンEに加えて酸化を防ぐポリフェノールが豊富
ほうれん草:緑黄色野菜の代表格でビタミン類やミネラルが豊富
ひじき:カロリーが低く腸内の悪玉菌を減らして臭いの元となる有害物質を排出する
きのこ:疲労臭を防止したり免疫力を高めたりといった効果が期待できる

これらの食べ物はわきがの対策だけではなく病気の予防としても効果を発揮してくれるので、健康体を維持するためにも毎日の食事に取り入れてみてください。

食物繊維が豊富な食べ物を食べよう

上記でご説明した内容と少々被りますが、緑黄色野菜の中に含まれている食物繊維はわきがの対策に欠かせない栄養素となっています。

わきが以外にも体臭にも効き目があり、それは腸内環境を整えて便秘や下痢といった症状を予防してくれるからです。

①水溶性と不溶性の食物繊維が慢性的に不足している食生活を送っている
②腸内環境が乱れて便秘になりやすく不要物が溜まりやすい
③悪玉菌が繁殖してインドールやスカトールなどの有毒ガスが生成される
④血液の中へと溶け込んで全身へと巡る
⑤皮膚の毛穴から汗として一緒に有毒が放出されて体臭の原因になる

わきがの臭いを直接的に抑えてくれる栄養素ではないものの、腸内環境が乱れていると上記のような流れで体臭は酷くなります。

便が固くなるのを防いで排出しやすくしたり、腸のぜん動運動を活発にしたりという効果が食物繊維にはあるので、緑黄色野菜が中心の食事を送るのは大事なのです。

水溶性食物繊維は果物類や海藻類、不溶性食物繊維は野菜類や豆類の中に豊富に含まれているので、どちらかに偏らないようにバランス良く取り入れましょう。

どのような食べ物や食事がわきがには良くないの?

わきがや体臭に良い食べ物があれば、逆に良くない食事内容はあります。

野菜類や魚類を食べていれば良いわけではなく、症状を悪化させるような食べ物の過剰摂取を防ぐのもわきがの対策として欠かせない要素の一つなのです。

以下では、わきがや体臭の臭いを強くするような食べ物を幾つかご紹介しているので、食べ過ぎには十分に注意してください。

赤身の肉類:アポクリン汗腺を活性化させたり便秘を引き起こしたりする
ラードやバター:動物性の油脂も肉類と同じようにわきがの原因となるアポクリン汗腺が活性化される
乳製品:過酸化脂質の生成量が多くなってわきがや体臭の臭いが強まる
アブラナ科の野菜:ブロッコリーやカリフラワーは食べ始めて1時間後くらいに硫黄臭を発することがある
ニラやニンニク:臭いの強い食べ物は口臭の原因にも繋がる
ファーストフード食品:動物性タンパク質が多く腸内に長く留まって発酵して腐敗臭が発生する
植物性の油:リノール酸を含む油はコレステロールが増えて体内で酸化して臭いの原因に繋がりやすい

これらの食べ物を一切食べてはいけないわけではなく、過剰摂取することで臭いが強まりやすくなります。

特に、動物性タンパク質を中心とする食事ばかり食べていると、メタボリックシンドロームといった生活習慣病のリスクが高くなるので野菜や魚などもバランス良く摂取しなければなりません。

もちろん、肉類や乳製品の摂取を控えているだけではわきがの対策には繋げられないので、食生活の見直しと同時に当サイトでご紹介しているデオドラント剤のNOANDE(ノアンデ)をおすすめします。

身体の内側と外側の両方からのケアを徹底していればわきがの臭いも怖くないので、是非一度NOANDE(ノアンデ)を使ってみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<