わきが対策

ホーム ≫ 制汗剤によるわきがの対策

制汗剤によるわきがの対策

制汗剤を使ってわきがを対策しよう

汗を抑えるための薬剤や化粧品のことを制汗剤と呼び、わきがの対策として使用している方は多いはずです。

近年ではドラッグストアだけではなく、コンビニエンスストアでも様々な種類の制汗剤が店頭に置かれるようになりました。

汗を抑えてわきがの対策をする以外にも消臭効果を持った制汗剤も多いので、部活帰りに脇の下やお腹へとシューっと吹きかけて使っていた中学生や高校生は多いかもしれません。

制汗剤と一口に言っても、下記のように4つの種類に製品は大きく分けられます。

・吹きかけるスプレータイプ
・直塗りするロールオンタイプ
・肌に塗るスティックタイプ
・肌に塗布するクリームタイプ

「ひんやりとした清涼感を求めている」という方にはスプレータイプの制汗剤、「消臭効果の強い製品が良い」という方にはクリームタイプの制汗剤がわきが対策として最適です。

いつでもどこでも使用できるのが制汗剤の大きなメリットですし、ドラッグストアやコンビニで市販されている製品ならば格安のコストで購入できます。

1本当たり数百円程度の料金で販売されている製品が多く、自分の好みに合わせて香りを選択できる点も特徴の一つです。

しかし、下記のような市販の制汗剤は効果が薄く、わきがの対策に繋がらないかもしれません。

パウダースプレーe:資生堂が開発した殺菌成分の銀含有ゼオライトが含まれている
8×4(エイトフォー):無香料タイプやフレッシュフローラルなど種類が多い
レセナ:大手メーカーの製品の中では制汗力が非常に強い
AG+(エージ―プラス):汗をかいた後の消臭効果の持続時間はそれなりに長い

これらの製品の使用でも症状を軽減できるかもしれませんが、通販で取り扱っているデオドラント剤と比較してみると消臭力も汗を抑える力も弱くなっています。

大半は体臭が弱い人向けに開発されていますし、安い料金で購入できる代わりにわきがの臭いが強い人にはおすすめできないのです。

そこで、市販のスプレータイプの制汗剤ではなく、当サイトでご紹介している通販限定のNOANDE(ノアンデ)を使ってみましょう。

2大有効成分でわきがの臭いと汗の両方を抑えてくれるので、どの製品を使えば良いのか迷っている方はNOANDE(ノアンデ)を試してみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

制汗剤を使ってわきがを対策する際の注意点について

様々なメーカーからわきがや体臭の対策用の制汗剤が販売され、種類が多いので自由に選べるというメリットがあります。

しかし、制汗剤の選び方や使い方を間違えていると本来の効果は得られず、わきがの臭いの抑制には繋がりません。

そこで、以下では制汗剤を使ってわきがを対策する上での注意点を幾つかご紹介しているので、一度目を通しておきましょう。

・わきがの臭いが強い人はスプレーではなく直塗りのクリームタイプやスティックタイプを使う
・臭いが気になるからと大量に使用すると皮膚表面の常在菌が全て死滅して乾燥する
・頻繁に使用していると成分が毛穴の中に詰まって脇の黒ずみの原因に繋がる
・添加物が多く含まれた製品を使っていると肌トラブルのリスクが高まる
・制汗剤には汗腺を塞ぐ作用があるので、肌が綺麗なお風呂上りに使用するのが効果的
・外出前に使用する場合は脇の下の汗を拭き取って清潔な状態にしてから使用する

体臭やわきが臭がそこまで強くないのにも関わらず、制汗剤を多用するのは危険です。

特に、市販の製品には余計な添加物が含まれているケースが多いので、ニキビや吹き出物、黒ずみといったトラブルを防ぐためにも適度な使用を心掛けてください。