わきが対策

ホーム ≫ わきがの臭い

わきがの臭い

わきがの臭いにはどんな種類があるの?

一口にわきがの臭いと言っても、個人によって症状の度合いは大きく異なります。

そこで、わきがの臭いにどんな種類があるのか下記では幾つか挙げてみました。

・ネギが腐ったような臭い
・納豆が更に発酵した臭い
・鉛筆の芯のような臭い
・香辛料のクミンのような臭い
・雑巾が生乾きした臭い
・チーズのような発酵臭
・古い洗濯バサミのような臭い
・ツーンと酸っぱい臭い
・カビやホコリが溜まった臭い

このようにわきがの臭いの種類は非常に多く、軽度の症状から重度の症状と決まっていないのが大きな特徴かもしれません。

しかし、どれも想像しただけで鼻を覆ってしまうような臭いですし、自分の臭いは慣れていて気付きにくいため、知らず知らずのうちに周囲の人へと迷惑をかけていることもあります。

わきがは病気ではなく体質なのでどんな種類の臭いでも責めることは絶対にできませんし、白人は70%~90%、黒人に至っては100%の確率でわきが体質なのです。

日本人が属している黄色人種はその割合が10%~15%と白人や黒人よりも低く、だからこそ臭いに敏感になるのではないでしょうか。

仕方がないとは言っても何も対策を練らないのはエチケットに反するので、症状を少しでも和らげるために当サイトでご紹介しているNOANDE(ノアンデ)をおすすめします。

どんな種類の臭いでも気になる部分にプッシュして雑菌の繁殖を抑えてシャットアウトできるので、NOANDE(ノアンデ)を毎日の生活の中に取り入れてみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の公式サイトはこちら<<

わきがの臭いを消すには

わきがの臭いを消す方法で悩んでいる方は多く、特に女性ならば周囲の目を気にして念入りにケアを行っているかもしれません。

「満員電車やエレベーターに乗りたくない」「人の近くに行きたくない」と悩んでいる女性は想像以上に多いのです。

そこで、下記ではわきがの臭いを消すためにどのような方法を取れば良いのかご紹介しているので、上記のNOANDE(ノアンデ)と併用してみてください。

市販されている制汗剤を使ってみよう

市販されている制汗剤を使用するのは、わきがの臭いを消す方法の一つとなっています。

臭いを消すというよりもカモフラージュすると言った方が正しいかもしれませんが、優れた殺菌力を発揮する塩化ベンザルコニウムや臭いをブロックするクロルヒドロキシアルミニウムといった成分が含まれているのです。

この成分が含まれた制汗剤を脇の下へとスプレーすることにより、雑菌や汗を抑えたりして臭いを和らげてくれます。

ドラッグストアだけではなくコンビニでも取り扱っていますし、どこでも手軽に購入できるのが大きなメリットかもしれません。

ただし、苦味のあるグレープフルーツやシトラスの香りは不快な臭いが強調される恐れがあるので、できる限り避けましょう。

脇の下を清潔に保とう

脇の下を清潔に保つのはわきがの臭いを消す方法として最も簡単で効果的です。

・ウェットティッシュで脇の下の汗を拭き取る
・低刺激のデリケートゾーン用石鹸で念入りに洗う
・朝起きたら汗を落とすためにシャワーを浴びる

このような対策を毎日念入りに行うことにより、臭いを消してわきがの症状を抑えられます。

汗を拭き取ってもボディソープで洗ったとしても、わきが体質を根本的に変えることはできません。

しかし、臭いの元となる汗を取り除いてあげれば雑菌の繁殖を防ぎ、臭い物質の生成を抑えられるので効果的なのはお分かり頂けるはずです。

トイレの中ならば外出中でも使用できるので、アルコールを含んだコットンやウェットティッシュを常備して脇の下の汗を放置しないようにしましょう。

冷却シートを脇の下に貼ってみよう

脇の下にかく汗の量を少しでも減らせばわきがの臭いを消すことができるので、冷却シートの使用は適しています。

ドラッグストアで市販されている冷却シートを購入し、冷やした状態で脇の下に貼るだけで汗の量を抑えられるのです。

衣服に貼って汗を吸着してくれる脇汗パッドの併用も実に効果的で、剥がれにくく加工された「ア・セーヌ」や、イオン抗菌で臭いを抑える「Riff」といった製品が人気を得ています。

とは言え、汗をかくこと自体が悪いわけではありませんし、熱を外部へと逃がして体温調節をする役割もあるので、「絶対に抑えなければならない」と神経質にならないでください。

わきがの臭いは自覚できるの?

個人によって異なるので一概には説明できないものの、わきがの臭いは自覚しにくいという特徴があります。

「自分は絶対に体臭はない」「自分が臭っているはずがない」と自信を持っている人は多いかもしれませんが、自分の体臭は常に嗅いでいる状態なので鼻が慣れて自覚しにくい理由はお分かり頂けるはずです。

「自覚症状があると悩まなければならないから気付かない方が幸せなのではないか?」という意見はあるかもしれません。

しかし、長い期間に渡ってわきがを自覚できずに過ごし、ある日突然臭いを指摘されて今まで迷惑をかけていたと考えると大きなショックを受けるはずです。

女性ならばうつ病や自律神経失調症といった精神的な病気へと発展するケースも少なからずあるので、早めに自覚するためにも下記の項目をチェックしてみましょう。

・両親や親戚にわきが体質の人がいないかどうか探す
・親しい家族や友人に自分の脇の下を嗅いでもらう
・耳垢が湿っているかどうか確かめる
・衣服や下着に黄ばみが生じていないかどうか確かめる

もし、自分はわきがだと自覚したら仕方がないと諦めるのではなく、当サイトでご紹介しているデオドラントクリームのNOANDE(ノアンデ)の使用をおすすめします。

わきがによる不快な臭いを植物エキスの力で抑え、普通の人と変わらない生活を送れるように促してくれるので、一度NOANDE(ノアンデ)を試してみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<