わきが対策

ホーム ≫ わきがと加齢臭の違い

わきがと加齢臭の違い


わきがと加齢臭は同じ臭いに関する症状ですが、臭いの発生するメカニズムや引き起こされる原因には大きな違いが生じています。

そこで、2つの症状にどのような違いがあるのか見ていきましょう。

わきが⇒脇の下に存在しているアポクリン汗腺から分泌される汗を雑菌が分解することで臭いが生じる

加齢臭⇒加齢によって皮膚から分泌される脂分が酸化してノネナールに変わって臭いが生じる

このように、わきがはアポクリン汗腺から分泌される汗が原因なのに対して、加齢臭はノネナールと呼ばれる物質が引き金となって引き起こされるという違いがあります。

脂分の酸化は年齢によって抗酸化力が衰えてくるのが原因で、基本的に20代や30代といった若い年齢で生じることはありません。

もし、20代や30代の人が不快な臭いで悩んでいるのならば、それは加齢臭ではなくわきが臭や体臭だと考えられます。

「○○歳になると加齢臭が引き起こされる」と明確に決められているわけではなく個人の体質によって異なるものの、40代を超えた辺りから身体に発生した活性酸素を除去するシステムが徐々に弱くなるのです。

その結果、脂分がノネナールに酸化するのを抑えられなくなり、動物性タンパク質が腐ったような臭いが発生しやすくなります。

この加齢臭は男性でも女性でも誰でも引き起こされる可能性がありますが、わきがに関してはアポクリン汗腺の量で決まるため、この量が少ない人は臭いが発生することはありません。

アポクリン汗腺の量は遺伝によって決まることが多く、これも加齢臭との大きな違いなのではないでしょうか。

どちらにしても他人へと不快感を与える原因になるのは間違いないので、当サイトでご紹介している薬用ネオテクトの使用をおすすめします。

デオドラントクリームの薬用ネオテクトには汗を抑えたり雑菌を殺菌したりという効果があり、加齢臭とわきが臭の両方に作用してくれるので一度使用してみてください。

薬用ネオテクトの詳しい情報はこちらから

わきがと加齢臭の対策について

わきがにしても加齢臭にしても何も対策をしないと臭いは強まりやすく、下記のような悩みを抱える大きな原因となります。

・満員電車に乗りたくない

・他人の目線が気になってしまう

・息子や娘に直接臭いと言われた

・人の輪の中に入りづらい

わきがと加齢臭では発生要因が異なるので対策方法にも違いが生じているものの、脇の下や身体などを清潔に保たなければならない点では一緒です。

わきが体質を生活習慣で変えるのは難しいかもしれませんが、食生活を見直したり肌を清潔な状態で維持したりして症状の緩和を図ることはできます。

加齢臭への対策も同じで、臭いを引き起こすノネナールを綺麗に洗い落とすことで症状は抑えられるのです。

「元々わきが体質で年齢を重ねて加齢臭も出るようになった」という人は余計に臭いが酷くなりやすいので、下記のような対策を練ってみましょう。

・殺菌効果のある薬用石鹸を使って脇の下や身体を毎日丁寧に洗う

・気温の高くなりやすい夏場は特に小まめに汗をウェットティッシュなどで拭き取る

・外出先にトイレなどでスプレータイプの制汗剤を使用する

・アポクリン汗腺や皮脂腺を刺激するような脂っこい食べ物の過剰摂取を避ける

このような対策をとっていれば、少しずつ症状を和らげて普通の人と変わらない生活を送ることができます。

メニュー