わきが対策

ホーム ≫ わきがは再発する?

わきがは再発する?

わきがは再発することがあるの?

わきがは病院で手術をしても再発することがあり、これが最も厄介な点かもしれません。

個人の体質によって適した方法は異なるものの、現在では下記のようなわきがの治療が医療機関で実施されるようになりました。

ボトックス注射:汗の分泌を抑えられる製剤を注入して臭いを抑制する
レーザー治療:レーザー光線を肌へと照射してアポクリン汗腺を燃やす
剪除法:メスを使用して皮膚を切開してアポクリン汗腺を除去する
電気凝固法:脇の下の毛穴に電気針を刺して皮脂腺とアポクリン汗腺の両方を破壊する
ミラドライ:マイクロウェーブ(電磁波)を使って切らずに汗腺を破壊する

アポクリン汗腺を破壊したり吸引したりという方法がわきがの治療としてオーソドックスで、この汗腺から分泌される汗が少なくなれば雑菌が分解することがなくなるので臭いが軽減します。

話だけ聞いていると効果的な治療だと思うかもしれませんが、どれも完璧な手術ではないので再発するケースは十分にあり得るのです。

・病院で治療を受けたのに数ヶ月で臭いが戻ってしまった
・最初は臭いが消えたが1年半でまた臭うようになった
・以前よりも症状が酷くなったから再手術を受けることになった

このような再発のリスクがありますし、何よりもメスを使用するわきがの手術は傷跡といった後遺症で悩まされることがあります。

保険が適用されなければ高額な治療費を支払わなければならず、根本的な改善に繋がらないことを考慮すれば安全なデオドラントクリームの使用の方がおすすめです。

クリームを塗布したからといってわきが体質を変えられるわけではなく、臭いを食い止めているに過ぎません。

しかし、危険な方法を選択しなくても他の人と変わらない生活を送れるようにサポートしてくれるので、わきが対策クリームをお探しの方は当サイトでご紹介しているNOANDE(ノアンデ)を使ってみてください。

>>NOANDE(ノアンデ)の詳しい情報はこちらから!<<

わきがが再発する原因は何?

高額な費用を支払ってわきがの治療や手術を受けても再発することがあり、その原因を下記ではまとめてみました。

・アポクリン汗腺を吸引する方法で取り残しが発生していた
・メスを使う剪除法で完全にアポクリン汗腺を除去しても根っこ(導管部)が残っていると再生しやすい
・成長期やそれ以前に除去しても成長ホルモンの影響でまた増えてしまった
・医師の技術力不足でとり方が雑だったり施術範囲が少なかったりしてアポクリン汗腺が残っていた

このような原因によってわきがは発生しやすく、「手術を病院で受ければ確実に体質を変えられる」というわけではありません。

現在では肌へと負担をかけずにアポクリン汗腺を取り除き、わきがの臭いを抑えられる吸引法が流行っています。

脇の下の切開は1cm程度でカニューレという器具を使って吸い取るだけなので術後に傷跡が残りにくく、ダウンタイムも短いので翌日から3日後からは普段と同じようにお風呂に入れるのです。

気軽に受けられるわきが手術として有名ですが、アポクリン汗腺が完全に取り除けたのかどうか目視で判断することはできず、これが取り残しが発生して再発する大きな理由なのではないでしょうか。

しかし、皮膚を切ってアポクリン汗腺を直接除去するような手術は再発率が低い代わりに、後遺症のリスクが高かったり術後のダウンタイムが長かったりという弊害があります。

それに、上記でもご説明したように腕の悪い医師による処置を受けると失敗しやすいので、わきがの治療を受ける場合は専門医やクリニック選びを怠らないようにしてください。